ホーム > Blog > 未分類 > 熱中症にご注意を

ブログ記事

熱中症にご注意を

2013.07.18 | Category: 未分類

こんにちは!スタッフの山田です!!

暑い日が続いていますね~・・・ 皆さん熱中症には十分気を付けましょう(^_^;A)

ところで熱中症ってどんなものなのって思う方も、知ってるっていう方もおられると思いますけど、紹介させてもらいます。


@熱中症@

熱中症とは
気温が上がっている時や運動を行うと体温が上昇しますが、通常時は体温を下げるように自律神経が働き、汗をかいたり血液量を増やしたりなどで体温を調整します。しかし、夏場の高温や多湿という悪い条件では思うように体温調節ができず、熱がこもってしまったり、体内の血液中の水分や塩分が失われた状態になり「熱失神」、「熱射病」、「熱疲労」、「熱痙攣」などの様々な症状が出てきます。これを総称して「熱中症」と呼びます。「外」だけではなく、「室内」でもなることがありますのでご注意を!

症状
頭痛やめまい、吐き気などといったものが出てきます。症状が強くなると、失神や昏睡状態、意識不明にもなります。呼吸停止、心停止にもつながる場合もあります。

対策
熱中症になったら、まず風通しの良い涼しい場所に移動させます。頭や首、わきの下、足の付け根など大きな血管が通る所を冷やしましょう。
そして水分補給をしましょう。同時に塩分も失われているのでスポーツドリンクなどを少しずつ補給してあげてください。

予防
睡眠不足や過労、あるいは風邪などで体力がおちている時に、暑い外を歩き回ったり運動をしたりしないようにすること。
外出時には帽子や日傘を利用しましょう。
こまめな水分摂取、塩分の補給を行いましょう。水分は常温でこまめに取るようにしましょう。
寝ている間にも熱中症は起こりやすいので、室内温度の調節と寝る前のコップ一杯の水分補給も心がけましょう。

過信は避けて、まずいなと思ったら救急車を呼びましょう。


皆さん、まだまだ暑い日は始まったばかりですが、なんとか乗り切っていきましょう!


↓写真は先日、院のメンバーでミーティングの後の飲み会風景です!!飲んで食べて楽しかったですよ☆
 
IMG_9147
 
 
ちなみにスタッフの林先生が脱メガネとなりました!(^^)!
理由はまた本人に聞いてみてください☆