ホーム > Blog > 熱中症 | 兵庫県宝塚市逆瀬台 安井整骨院の記事一覧

熱中症 | 兵庫県宝塚市逆瀬台 安井整骨院の記事一覧

暑いですね~..

2021.07.30 | Category: 未分類

こんにちは、山田です!

かなり暑い日が続いていますが、皆様体調は大丈夫ですか?

この時期は熱中症になりがちなので気をつけないといけないですね・・

熱中症は、高温多湿な環境のもとで、体内の水分や塩分(ナトリウム)などの電解質(イオン)のバランスが崩れたり、体温調節機能が上手く働かないことにより、体内に熱がこもり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。

そしてなった時にはきちんとした対応が必要です。

熱中症が疑われる時には、適切に応急処置をする必要がありますが「意識がない、もしくは意識がはっきりしていない」場合はすぐに救急車を要請しましょう。また、救急車が到着するまでの間に現場での応急処置も必要となります。救急車を呼んだ場合もそうでない場合も、現場では速やかな処置が必要です。症状や重症度に関わらず、熱中症が疑われる時には涼しい場所へ移動し身体を冷やすことと、水分と電解質を速やかに補給する必要があります。

クーラーが効いている室内などの涼しい場所へ移動させ、身体を冷却することが大事です。

  • 衣服を脱がせたり、きついベルトやネクタイ、下着はゆるめて身体から熱を放散させます。露出させた皮膚に冷水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やします。氷のうなどがあれば、それを首の両脇、脇の下、大腿の付け根の前面に当てて皮膚のすぐ近くにある太い血管を冷やしましょう。

また、マスクによる熱がこもるのも危険です。

・屋外で人との十分な距離(2メートル以上)がとれる場合は、熱中症予防のためにマスクをはずしましょう

・マスク着用時は、強い負荷の作業や激しい運動は避けましょう

・マスク着用により、のどの渇きを感じにくくなります。のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう

これらを気を付けていただいて、なんとか夏を乗り切りましょう!

暑いですね~…

2020.08.08 | Category: 未分類

こんにちは、山田です!

暑い日が続いていますが皆様体調は大丈夫ですか?

熱中症はこの時期特に起こりやすいです。

今年はマスクをしないといけないのもあって体温がより上昇してあぶなくなっています。

まず今できることをしていきましょう!

熱中症を引き起こす原因としては、気温が高かったり、日差しの強さであったり、湿度の高さ、室内の温度上昇などがあります。特に高齢者や子供、糖尿病や精神疾患をもっておられる方、二日酔いや寝不足といった体調不良の方、栄養が足りない方などは注意が必要です。汗が出なかったりすると熱がこもるので、水分をとったり霧吹きで水分を体に噴射させるなどして補給すると効果的です。脱水症状はかなり危険です!

水分塩分をとる、エアコンの温度調節、睡眠をしっかりとる、休息をとるなどしてこの暑さをなんとか乗り切りましょう!

もちろん体力作りも効果的なので、当院では鍼灸で体を整えたり、EMSを使って筋トレをして強くしていくこともできます。

詳しくは当院へご相談ください。

本当に暑い日が続いていますが、皆様十分気を付けて頑張っていきましょう!

熱中症に注意

2017.06.29 | Category: 未分類

こんにちは!院長の山田です!

梅雨に入って蒸し暑くなってきましたねー(+o+)

特にこの時期は気圧や湿度の関係で体調不良になりやすいので十分気を付けましょう!

そして暑さが始まっていく中で気を付けないといけないのが熱中症です・・・

暑さに慣れていないこの時期は特に注意が必要です。汗も自然とかいているのですが、汗は99%の水と0、05%の塩分、その他カリウムや鉄分などから構成されています。汗をかくことで、血液中の水分や塩分が必要以上に減ってしまいます。それを防ぐためのおすすめはコップ1杯の水またはお茶をこまめに(間隔あけながら)摂取することです。そのうち1,2回はひとつまみの塩を入れて塩分補給をしたほうがいいですね!(血圧高めやあまり塩分を過剰摂取しない方がいい方は控えめに)

クーラーもこれから使うことが増えたり、部屋と外の気温差も出てきたりしてくるので、皆さんも備えてしっかり管理していきましょう!